傾奇者ROB千人斬り御免
天下御免の傾奇者ROBわがまま日記
最愛の母





2010,5/25 02:08

俺の世界一のオカンが天国へ旅立ちました。

43年間お世話になって、迷惑ばかりかけて、そして誰よりも心配してくれて、俺の1番のファンだった母。

思い出が強烈すぎて書いたら1冊の本になりそうだから書けないけど、オカンが入院して最後の1ヶ月を一緒に闘ったことが、せめてもの恩返しになってくれるといいのだが…


オカンが俺を溺愛してくれたことを幸せに思う。

入院中、特に一般病棟の6人部屋の時なんかは笑わせてもらったよ♪
帰ろうと思ってたらオカンに言われたのが、他の患者さん全員に挨拶して帰りなさいだもん(笑)恥ずかしかったけど、母をよろしくお願いします♪って言ったなぁ(笑)

こんな俺でもオカンにとったら自慢の息子だったんだよ(笑)

俺、オカンが必死で闘った姿を毎日見守ってて思ったよ。オカンは俺自慢の世界一の母だって☆


だから闘病中は主治医から厳しいことを伝えられてもオカンの前じゃ泣かなかった。

もちろん父と姉の前でも暗い顔もしなかった。

凄く辛かったけど、泣かなかったのは、オカンは前向きな女性だし、なによりガキの頃、泣き虫だった俺を心配するから(苦笑)



上手く書けないけど、久しぶりに家族の距離が縮まった2ヶ月半だったな。

天国に旅立ってから素直に思ったのが、今後も納得する行動で人生送っていくつもりだが、余計な心配かけたくないな。


そしてオカンの最後を一緒にいられたのも幸せだとも思ったよ。

俺がオカンに最後に贈った言葉は『頑張ってくれたね』『ありがとう』


凄く悔しいし凄く悲しいけど、両親の子供として産まれて俺は幸せ者だと思う★


最後に大量のメールや、お通夜・告別式に来てくれた友達に感謝してます♪

長かったような短かったような時間は終わりましたから、俺は通常モードに復帰出来るように現実的な処理を淡々とこなしていこうと思う。


みなさんも人生を楽しんで、たくましく生きていこうな♪


写真は旅立った日に今年の母の日にプレゼント出来なかったオカンの好きなカーネーションを贈ったよ☆
20100525①


母と俺(笑)
2010_0527_115533-DSCF0091.jpg


Bye-bye
スポンサーサイト